内視鏡検査

​胃・大腸

Endoscope

胃カメラの苦痛を最小限にしています。

当クリニックでは胃カメラ日本消化器内視鏡学会に所属し、長年の研究と経験、実績において患者さまにより精密な検査を安心して行っていただけると考えています。当クリニックの胃カメラ検査は、苦痛を最小限にしています。
口から挿入(経口)、鼻から挿入(経鼻)のどちらでも可能です。

検査前の診察で医師と相談できますのでご安心ください。
鎮痛剤を使用した検査も可能ですので、お気軽にご相談ください。

当院の内視鏡検査は、患者さんの身体的な負担の軽減しています。

  • 口(経口)から、鼻(経鼻)かどちらかの選択ができる

  • 鎮痛剤の使用が選択できる

  • 胃カメラは当日検査も可(ただし空腹状態でご来院ください。混雑も予想されますのでお問い合わせ頂くのがスムーズです)

  • 大腸カメラは最小限の水(検査薬含む)で大丈夫 ※通常は2ℓ飲料、約1.5ℓで検査可

  • 痛みの少ない大腸カメラ検査(軸保持短縮法)

多くの患者さまから「思っていたよりも辛くなかった」とお声をいただいております。

​一度検査をしてみようと思っていても、なかなか足を踏み出せない方は当院にお問い合わせください。

※胃カメラ検査は当日の検査が可能ですが、予約状況が混雑している場合もありますので、予め電話か来院時に受付にてお申し出ください。

​(当日の検査を希望される方は空腹状態が条件となります。)

胃や食道を検査する 上部消化管の内視鏡

食道、胃、十二指腸が対象となります。検査は口または鼻から内視鏡を入れていくため、その経路上、いずれの検査も併せて行われることが出来ます。

手元で操作して、組織を採取し、回収して病理(びょうり)診断用のサンプルを採取し、組織検査を行う場合もございます。また出血部位を止血することもあります。

経口内視鏡検査で一般的に使用されている外径8~9mm程度の内視鏡と、約5~6mm程度の細さの鼻から挿入する内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)も可能となりました。

経口内視鏡と経鼻内視鏡の違い

参考資料:日本消化器内視鏡学会 

https://www.jges.net/citizen/faq/general_03

大腸内視鏡検査

直腸から結腸、回盲弁(大腸の入り口)の大腸全域を観察することができます。大腸は曲がりくねっているので胃に比べ、挿入方法はすこし複雑ですが、小腸の手前まで挿入することが可能です。さらに、大腸内視鏡の鉗子口(かんしこう)を通じて様々な器具を用いることで、組織採取を行い検査を行う場合もございます。

大腸内視鏡検査の受け方

参考資料:日本消化器内視鏡学会

https://www.jges.net/citizen/check-cure/no3-2

© 2019 by Soen Medical Clinic. Proudly created with Road Skip